健康コンテンツ(©NHKエデュケーショナル)

なかなかわからない病気や症状をテキストと図で解説します。

脳卒中とは(タイプと症状) : 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の3タイプある脳卒中とは


脳梗塞とは : 血栓が脳の血管に詰まることで起こる脳梗塞とは

  • 3つの症状 : 脳梗塞の3つの症状
  • 前兆と対応策 : 症状がおさまっても油断は禁物!? 脳梗塞の前兆「一過性脳虚血発作」とは
  • 原因①動脈硬化、②心房細動 : 血栓ができやすい動脈硬化や心房細動などが原因で起こる脳梗塞に要注意
  • 検査法 : 動脈硬化や心房細動かどうかを調べて脳梗塞を予防
  • t-PAによる治療法 : 脳梗塞の発症後に使える薬「t-PA」
  • 血管内治療 : 脳梗塞の発症後、8時間以内なら行える血管内治療。カテーテルで血栓を取り除く新しい治療法
  • 再発予防 : 脳梗塞の再発を予防するには、原因となる動脈硬化や心房細動それぞれに効果のある薬を使用する
  • リハビリ : 急性期、回復期、生活期の3段階がある脳梗塞のリハビリ

脳出血とは : 脳の細い血管が破れることで起こる脳出血とは


くも膜下出血とは : 激しい頭痛が突然起こる!くも膜下出血とは

  • 治療法 : くも膜下出血の治療

脳腫瘍とは : 腫瘍が発生する部位によって症状が異なる脳腫瘍とは

  • 治療法 : 脳腫瘍の一つ「グリオーマ」の治療

未破裂脳動脈瘤とは : 破裂の危険が異なる未破裂脳動脈瘤

  • 治療法 : 未破裂脳動脈瘤の治療法とは?

無症候性脳梗塞 : 脳梗塞や脳出血の危険が高まる無症候性脳梗塞とは

もやもや病 : 脳にある内頚動脈が狭くなることで起こるもやもや病とは

  • 診断 : もやもや病の診断
  • 治療 : もやもや病の治療

認知症とは


アルツハイマー病とは : 物忘れ、日常生活の動作に障害が起こるアルツハイマー病

  • 軽度認知障害とは : 記憶力低下などの症状がみられる軽度認知障害とは
  • 軽度認知障害の対策 : 軽度認知障害と診断されたら、原因となる病気の治療や自分でできる対処法を行う
  • : アルツハイマー病の進行を遅らせる薬には 2つのタイプ
  • 副作用と使い方 : アルツハイマー病の治療薬の副作用

血管性認知症とは : 脳の血流障害によって起こる血管性認知症 脳卒中が原因のものと脳の細い血管に起こる2タイプあり

  • 症状 : 性認知症の症状は進行するにつれてさまざま。 受診先もタイプにより異なる
  • 対処法 : 血管血管性認知症の対処法は脳卒中の再発予防や症状を改善する薬を使う

片頭痛とは : 脈を打つように痛み、動くと悪化する慢性頭痛の一つ「片頭痛」とは


緊張型頭痛とは(片頭痛との違い) : 筋肉のコリや張りが痛みを招く「緊張型頭痛」とは

  • 対処法 : 緊張型頭痛の自己対策1 生活習慣の改善
  • 対処法 : 緊張型頭痛の自己対策2 予防にもなる頭痛体操

薬の使い過ぎによる頭痛とは : 治療のための薬が頭痛を招く!薬の使い過ぎによる頭痛とは

  • 治療法について : まずは原因となる薬の服用をやめる!薬の使い過ぎによる頭痛の治療

睡眠不足による弊害(適切な睡眠時間) : 眠気を感じたら寝床に入るのが理想?適切な睡眠時間とは


睡眠時無呼吸とは : 睡眠の質の低下や高血圧、脳卒中などを招く!?睡眠時無呼吸症とは

  • 検査とCPAP : 睡眠時無呼吸の検査は自宅で行うものと入院して行う2種類がある

中枢性睡眠時無呼吸とは : 脳にある、呼吸中枢の異常で呼吸が止まる中枢性睡眠時無呼吸とは