片頭痛の治療は薬物療法がメイン。すぐに使うと効果的

一覧へ戻る

更新日

片頭痛の治療

片頭痛の治療片頭痛の治療2
痛む部位を冷やしても、頭痛がおさまらず、日常生活に支障がある場合は、まずかかりつけ医や近くの内科を受診することをおすすめします。受診しても症状の改善が不十分なときは、 頭痛外来や神経内科 など、専門医を受診してみましょう。

片頭痛の治療の中心は薬物療法です。治療薬の トリプタン には、 三さ神経の周囲の炎症を抑える作用 と、 脳の血管を収縮させる作用 があります。トリプタンは、片頭痛の痛みが起きたら、 すぐに使用する と最も効果を発揮します。

片頭痛が始まったのかどうかがわかりにくい場合は、頭痛を感じたような気がしたときに、おじぎをしたり、頭を左右に軽く振ったりして、痛みが強くなったら、トリプタンを使用するタイミングと考えます。

トリプタンには、のみ薬のほかに水なしで口の中で溶ける 口腔内崩壊錠・口腔内速溶錠 、吐き気でのみ薬を使えない人には液体状の 点鼻薬 があります。また、太ももなどに自分で注射する 皮下注射薬 には即効性があり、吐いたり頭痛がひどくなったりしてからでも効果が期待できます。

治療薬「トリプタン」が使えない場合は?

トリプタンを使えない場合
片頭痛の治療薬、トリプタンは血管を収縮させる作用があるため、 脳梗塞や狭心症・心筋梗塞 などがある人は、病気が悪化する危険があるため、使用することができません。また、 重い高血圧や重い肝臓病 などのある人も使用を控えます。

トリプタンを使用できない人は、 非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs) を使って痛みを抑えます。なお、妊娠中や授乳中の人は、専門医に薬の使用について相談してください。

頭痛の薬は適切に使用すれば効果を発揮しますが、自己判断で使い過ぎてしまうと、そのせいで頭痛を引き起こすおそれがあるのでくれぐれも注意してください。また、片頭痛に対しては、必要に応じて 予防薬 を使うこともできます。 頭痛が* 1 か月に 2 3 *回あるなど回数が多い人 や、 頭痛の持続時間が長く日常生活に支障がある人トリプタンなどの治療薬が効かない人片頭痛を起こすことに対する不安が強い人 などは、本人が希望すれば予防薬が使われます。

片頭痛とは
脈を打つように痛み、動くと悪化する慢性頭痛の一つ「片頭痛」とは


「NHK健康チャンネル」より ©NHKエデュケーショナル